同じ社員研修ならやっぱり楽しい方がいいよね

ひと言で社員研修と言っても、様々なタイプの研修があるようです。
社員は「同士」みたいな、やや軍隊的な考え方の元、自衛隊の演習に参加させてもらうみたいなハードな研修もあれば、一応研修と云う名目ではあっても、親睦メインの「呑みニュケーション」的なものまで様々あります。
どちらも極端な例ではありますが、皆で同じ事をするって云うのが、社員研修の定型の様に感じます。
しかしながら、社員の考え方を全て決まった方向に導いていくスタイルの研修は、果たして本当に会社の利益に繋がるのでしょうか。
会社には色んな部署があって、色んな人たちが、同じ会社で働いています。
適材適所と云う言葉がありますが、どうせなら全ての社員が様々な仕事をこなせる様になった方が、仕事の奥行きができるでしょう。
また、これまでになかった発送が、外部から来た人からもたらされた場合、良い化学変化も生れるかもしれません。
一つの会場に集めて、長時間拘束して研修するより、誰かが提案したビジョンにこの指とまれで集まって来た社員が、楽しい雰囲気の中で、互いに意見や情報を交わし合える事ができれば、もっと新しいアイディアが創造できるのではないでしょうか。
同じ研修なら、やっぱり楽しい方が効果の高い社員研修になるのではないでしょうか。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新記事