新入社員に対する社員研修の内容は

多くの会社では新入社員を採用していますが、これらの方に対して入社以降に一定期間にわたり社員研修を実施します。
研修内容としまして、会社の事業内容の理解であるとか、社会人として必要となるビジネスマナーに加えて、業務の進め方に関する知識などを習得します。
そして社員研修を行う際には、教育する内容によってメンバーを変えるケースが多くを占めます。
例えば社内で必要とされる知識などは社内メンバーが行いますし、また仕事に取組む姿勢やリーダーシップなどは外部の研修サービスを利用して対応します。
またスタッフの新入社員は配属先を正式決定するまでに複数の部署で業務体験するケースも有りますが、この際には研修先の若手社員が対応するケースが多くなっています。
社員研修のカリキュラムや研修期間は業種などによって大きく異なりますが、製造業やサービス業など現場を持っている企業においては、現場実習を社員研修に取入れているケースが多くを占めます。