社員研修の内容は役職などで異なることも

会社では様々な年齢の社員が一緒になって働いていまして、例えば入社してから年月の浅い若手社員や、一定年数が経過して仕事を中心となり進める事が出来る中堅社員、そして複数の部下を取りまとめる管理職に大きく分けられます。
会社ではこれらの立場の異なる社員に対して社員研修を実施しますが、その内容は社員の役職毎に異なっています。
例えば若手社員に対しては、仕事を効率的に進める手段として、エクセルなどを活用するPCスキルを身につけさせたり、リスク回避するロジカルシンキングなどを行います。
そして中堅社員は部下に問題解決能力を身につけさて、部下の目標達成をサポート出来るようにします。
管理者は複数の部下を統制してゆく事が必要となりますので、リーダーシップ研修を行います。
また企業によっては海外進出を積極的に行うケースも有り、この場合には社員研修として語学学習や、海外のマーケティング手法を身に着ける研修なども行われます。